静的サイトジェネレータ miyadaiku

このサイトは、静的サイトジェネレータ Miyadaiku で作っています。

miyadaikuは以前からJupyter Notebook からページを作成する機能を持っていましたが、あたらしくMiyadaikuのテーマを作成し、普通のブログっぽくノートブックを表示できるようにしてみました。

CSSを多少いじくって、Jupyterっぽさを隠しています。

このページもノートブックです。

先日、雑誌 Software Designの記事 を書かせていただいたとき、数十ページの原稿をすべて Jupyter Notebook で書いた のですが、プログラミング関係について書くのであれば、非常に扱いやすいツールでした。

このときの書きやすさがなかなか気に入っていて、Blogなんかも同じように書けないかと思って、この環境を作ってみました。

このサイトと同じBlogを作るテーマ miyadaiku-theme-newblog は、 PyPIに登録 してあります。設定のサンプルはこちらです。

https://github.com/miyadaiku/miyadaiku-docs/tree/master/samples/newblog

興味があれば使ってみてください。

Jupyter のいいところ #1

数式もかんたん。

$$\sum_{i=0}^n i^2 = \frac{(n^2+n)(2n+1)}{6}$$

まあ、数式なんかめったに書かないんですが…

Jupyter のいいところ #2

とうぜん、Pythonの実行もかんたん。

In [1]:
%matplotlib inline
import numpy as np
from matplotlib import pyplot as plt
import math

x = np.arange(0, math.pi*4, 0.01)

y1 = np.sin(x)
y2 = np.cos(x)

print('x:', x[:5])
print('sin(x):', y1[:5])
print('cos(x):', y2[:5])
x: [0.   0.01 0.02 0.03 0.04]
sin(x): [0.         0.00999983 0.01999867 0.0299955  0.03998933]
cos(x): [1.         0.99995    0.99980001 0.99955003 0.99920011]

Jupyter のいいところ #3

言うまでもなく、グラフの描画もかんたんです。

In [15]:
plt.plot(x, y1)
plt.plot(x, y2)
Out[15]:
[<matplotlib.lines.Line2D at 0x1224b13d0>]

Jupyter のいいところ #4

Jupyterを使うと、画像はペーストするだけで済むのもお気に入りです。画像はノートブック内に保存されるので、名前を付けて別に保存する必要がありません。

image.png